トイレの訓練

トイレの訓練で、ダメと怒鳴ったり叱ったりする事は禁止行為です。

怒られたドッグは、ポイントが良くなかった掌握するのではなく手洗いをやった動き自体が悪い事と錯覚してしまう時もあるそうです。

これだとトイレを自制してしまう事になりますので声をだし叱るのは避けて下さい。手洗いの置き場はワンちゃんが決定するなんてことはせず人間がセレクトして下さい。
場所としてはどんな位置でもOKです。

際立って思いつくポイントがなければ犬小屋の中に一区画に配置する事によりお手洗いの教育がしやすくなるでしょうし、犬もトイレの置き場を理解しやすくなると考えられます。

特に大事な事は家族が目上の存在になる事です。

特長でもある準ずる特色を使用するのです。

絶対必要なので正しいしつけができるように主導権は握りましょう。トイレをつくる重要なポイントとしてはワンちゃんにおいてピッタリくる規模のものを設ける事が重要なのです。規格としはワンちゃんが座った状況の4匹程度のでかさがベストサイズだと思います。小指すぎる場合は安心してトイレがしにくいですし、大きすぎると安心しすぎて寝転がる場合の見られるので留意するといいですよ。

わんこに練習を指せる時は、私達の思いつきで、訓練することは悪いやり方になります。
お仕置きが必要な行動をとったとき裏側にある気持ちがあるのでじっくりと配慮してあげるとほぼほぼの心配は解決する事が出来のです。

悪い教育方法とは暴力を与える事、叱るときに犬の名前を呼ぶ事、しつけの際、犬小屋に入れ込むこと、散歩の時間が決まっている事、噛みつく行為をほっておく人、ワンちゃんと同じベットで寝る人などなどたくさんあります。

人間に気持ちがあるようにわんこにもさまざまな思いがあります。何の意味もなく行動を起こすのは考えにくいです。

話す事が出来ませんので気持ちを表現するために吠えてみたり、じゃれてきたり知らせようとしています。小さい子一緒に教えるのと同等ですね。御勧めできない訓練の方法とは力で抑え込む事、叱り付けるときに名前が出る事、しつけるときに、ケージに閉じ込める事、散歩の時間が決まっている事、軽く噛んでくるが気にしていない人、飼い犬と、同じ布団で寝る人など、まだあります。
ごほうびを渡すといった動きは、効果的な方法だと思います。

しかしながら、思い違いしてはいけないと考えることが何か物をあげる事がごほうびではないといえます。物をあげて賛称する動きは勘違いしてしまう場合があり、あげる事は注意が必要です。

飼い犬が何かをして上手にできた時はふるまい時間がたたない間に褒めなければいけません。

逆に迷惑をかけた時は早急に叱り付けることを徹底指せる必要があります。

こういった動作を繰り返すからどうすればご褒美をもらえるか記憶するようになります。
何度も繰り返し行なう事で犬の教育が出来るようになります。